SEO対策ナビ

4.キーワード率5%という基準は本当に有効か

YST対策としてよく言われているのが、「目標キーワードはページ全体の5%前後」という基準です。これはあくまで目安となる数字にすぎません。あなたのライバルも同じように5%前後のキーワードを意識しているはずです。

キーワード解析をして分かったのは
 ① 目標としているキーワードを、サイト内のそれぞれのページで一番多く使うこと。
 ② ライバルサイト内に出現している目標キーワードの数を調べて、ライバルサイトより目標キーワードを使う回数を増やすこと
 ③ 目標キーワードを増やすときには他の単語も増やしてバランスをとり、目標キーワードが同じページ内に 多く書かれすぎているという印象を与えないこと です。

ただ、私の考えるには実際には5%よりもっと多くするべきだと考えます。 10パーセントから15パーセントぐらいあっても良いでしょう。ただ重要なのは、文章の中にどう自然にキーワードが入っているかです。ただキーワードの羅列ではいけません。